閉じる

スマートフォン版はこちら

ALSOK

ALSOKについて

  • あゆみ
  • 業務
  • 取組
  • 創造

私たちのあゆみ

私たちのあゆみ

私たちは、1965年の創業以来、戦後日本の「安全・安心」を支える警備業として、
その黎明期から成長とともに歩みつつけ、事業を拡大してきました。
これからもさまざまな形で社会の「安全・安心」を提供していきます。

創業の時代[1965-1984]

「日本に信頼できる警備会社を作る」という理念に基づき、1965年、社員40名から綜合警備保障株式会社は船出しました。
都市銀行や百貨店の常駐警備をはじめ、大阪万国博覧会などイベントの警備を数多く実施、その実績から1979年6月、アジア初となる「第5回先進国首脳会談(東京サミット)」の警備を担当し、高い評価を得ました。1983年3月、東京都公安委員会による警備業認定証第1号を取得しました。

守成の時代[1985-1998]

創立20周年を迎え、衛星通信車の完成、通信衛星の打ち上げ成功などなど衛星通信時代の幕開けとなりました。
企業やサミットや博覧会などの警備を通して会社のイメージもメディアを通して広がりました。これまでの警備ノウハウを店舗や住宅向けての機械警備の発売が始まったのもこの時期になりました。

第二の創業の時代[1985-1998]

株式上場をめざし、第二の創業の時代と位置づけ、個人分野への新商品の開発と販売、「鉄腕アトム」を企業のイメージキャラクターに採用しPRに取り組みました。
またコーポレートブランドを「SOK」から
「ALSOK」へと変更し、企業イメージの向上と変革に向かう姿勢を示しました。

私たちの業務内容

私たちは、機械警備業務をはじめ、常駐警備、
警備輸送など「安全・安心」に関するサービス・商品で
お客様をサポートしております。

法人向けサービス 個人向けサービス 常駐警備 警備輸送 綜合管理・防災 他

私たちの取り組み

私たちは、CSR活動の報告を行うにあたり、2010年に発行された社会的責任に関する
国際規格ISO26000をベースに同規格の「中核主題」に対応した形式を参考とし、まとめております。

ISO260000の中核主題に基づいた私たちのCSR課題

CSR社会貢献活動について

私たちは新しいセキュリティを創造しています。

ALSOKは、お客様に「安全」で「安心」な毎日をすごしていただくため、
「警備会社」のノウハウに「最新技術」を取り入れ、あたらしい「安全」の形をご提供すべく、
日々セキュリティに関する最先端技術の研究開発を続けています。
「犯罪の凶悪化・巧妙化」「個人情報の保護」など、社会を映すキーワードをもとに、
警備業はもちろんのこと、「安全」に関するさまざまなニーズにお応えすべく、
ALSOKはセキュリティのすべてを創造します。

R&Dへ

ページトップへ戻る