閉じる

スマートフォン版はこちら

新卒採用サイト
  • Contact us
  • グループ合同募集について
  • エントリー
  • マイページ
  • PREV
  • ALL
  • NEXT

企画綜合職 Planning Job worker's voice01

企画綜合職は会社の中枢部門で、戦略、計画立案、組織、制度設計、管理、諸施策等の企画全般の業務を行います。具体的には、人事企画、経営企画、新規事業海外事業、営業企画、運用企画等の業務に従事します。入社後は、実務研修、専門研修を経て各部門へ配属されます。

自分の思いを形にする、それが企画職のやりがいです。 企画綜合職
  1. 多様に変化する組織の中で、仕事にもやりがいと可能性を感じます。

    私が所属している人事部では、主に社員が働く上での就業規則づくりや各種制度設計をはじめとした、人事全般に関する多岐にわたる業務を担当しています。
    現在、私は企画綜合職として、2016年4月施行の「女性活躍推進法」に基づき、女性社員が活躍する環境を整えるためのロードマップを策定したり、女子学生に向けたPR活動などに取り組んでいます。
    当社はセキュリティ企業ですので、一般的な女子学生からはまだまだ男性主体の企業というイメージを持たれがちです。そのため、女性だからこそ能力を発揮できる場がたくさんあることをアピールするのも重要な仕事です。
    「働きやすい職場づくり」、「女性管理職率の向上」という全社的な課題の解決という現在の業務に、大変やりがいを感じています。

  2. ジョブローテーションでの様々な経験も今につながっています。

    私の場合は、企画綜合職として入社後、まず本社の海外事業部や経営企画、広報などの部署に配属されて各現場を経験し、それからジョブローテーションで都内支社の営業部に約1年半在籍し、その後の異動で今の人事部に配属されました。
    現在の制度では、入社してすぐにジョブローテーションで支社へ赴くことになっていますが、配属先以外にも色々な現場を経験できますので、着実にスキルを身に付けることができます。

  3. 社内はとにかく人間関係が良好。その上で切磋琢磨できるのが魅力です。

    先輩・後輩を問わず、社員たちは皆さん人柄がステキな方たちばかりです。特に同期の仲間とは仕事、プライベートと関わりも多いですが、ただ仲が良いというだけではありません。お互いがライバルであり、常に切磋琢磨しながら成長していきたいと皆が考えているので、高いモチベーションを保って日々の業務に励んでいます。
    社内を見渡してみても物事に積極的でチャレンジ精神を持った方が多いですし、私自身、そういう方と一緒に仕事をしたいと思っています。

  4. 将来は管理職。女性の職域拡大などにチャレンジしていきたい。

    女性の活躍推進に向けた取り組みに携わる中で、私自身も管理職に就きたいと思うようになりました。管理職になると今までと違う視点が生まれ、仕事がさらにおもしろくなるといったアドバイスを受けたこともあり、一日も早くステップアップしていきたいと考えています。
    それと同時に、女性の職域をもっと広げるための取り組みを進めることも、私の目標の一つです。そのためには女性社員が活躍し、キャリア形成をしやすい環境を整えていく必要がありますので、そこにアプローチできるような施策を打ち出していきたいですね。ALSOKには、法定基準を大きく上回る育児休職や時短勤務の制度が整備されていて、女性の第一子出産後の復職率も95%を超えています。そうした環境も女性が活躍するための強い味方ですので、今後も制度の改善や活用の浸透に向けて取り組んでいきたいです。

ページトップへ戻る